新車値引き

新車値引き額の限界

新車値引き額の限界

新車の値引き額と言うのは、車種やメーカー、販売店などによって異なってきます。しかし新車を購入する予定の方は少しでも多くの新車値引きをしてもらいたい!と言うのが本音です。ではその新車値引き額の限界と言うのはどうやって決められているのでしょうか?よく新車価格の何割か、という値引率で判断をする事があります。この値引き率で言うと10%〜15%と言うのが新車値引きの限界となる事が多いです。10年ほど前ですと、新車価格の20%以上の新車値引きを行っていた時代でした。これは値引きをしすぎて赤字になっても販売店(ディーラー)はメーカーから販売手当てのような報酬をもらっていましたので、いくら値引きをしても良い!という時代でした。最近ではなかなかこうはいかず、大体10%ぐらいが新車値引きの限界!と言われています。例えば200万円の車なら20万円の値引き、というイメージですね。値引きが多い車で15%ほどですのでまずはこの15%前後の値引率を目標に交渉を進めていくのが良いと思います。これが出来れば充分お買い得な新車購入と言えるかと思います。新車の本体価格以外の値引きについては、他のページで詳しくご紹介をしてきたいと思います。